*----*----*----*----*
松伏町で、遊び暮らしております
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
 *         *
 *         *
にほんブログ村 料理ブログ 節約料理へ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
RECOMMEND
たくわん大根上々
category: 松伏の百姓☆野菜作り | author: イア

下半身の冷えに良かれと思いタイツを着用、3日後ケツめどがとんでもなく擦れ合って重傷

 

以前鎮め奉った痔が再燃したのかと、出血や膿の噴出を覚悟しかけた

 

どうやら尻を寄せて上げてギュッと中央で身動きが取れなくなっているのんに、風呂と便所以外で歩く座る寝るの連続

 

縺れて擦れて股擦れ状態に、ある程度力を込めてウンコを拭き取る時が一番辛い、かと云って手抜きは出来ない大人だから

 

Lサイズの蛍光オレンジ色タイツは四六時中隈無く締め付けてくる、これは最早脱ぐしか無い

 

快復に4日かかり痛みが痒みに変わる頃、もう一つのネズミ色でペイズリー柄のタイツに挑戦してみた

 

予感がしないでもない履き心地、1日中はマズいと尻がモゾモゾ危険信号を脳に伝えてきている

 

昼間だけにしようか、それとも就寝時だけは脱ぐ事にしようか、尻の限界値を知らねば二の舞

 

極度の摩擦と度重なる軋轢に悩まされ、尻たぶを両の手で限界まで開きながら歩む療養生活

 

今度買うならLLサイズ、試着難しいタイツは自分の体型の理想と幻想と現実を、きっちり把握していなければと改めて思う

 

たくわん大根-1

 

漬物用だいこんを20本収穫、第一回目のたくわん作りに入った先週末

 

太くなってるのんから引っこ抜き、2弾3弾と時期をずらして仕込めば春先まで楽しめる

 

結局あの長雨で柿の皮は黴びてしまい、一からのやり直しで足りるかな〜どうかなぁ〜の微妙な量

 

この頃の柿じゃすっかり実も皮も柔らかくなって、ブヨブヨの皮は脆すぎる

 

ザラメを多めにして甘味をカバー、大根葉は干してればついでに手に入るし、米糠・赤唐辛子の準備は万全である

 

煮物用の大根も数本、拍子切りにしサンマの缶詰と一緒に煮るのんが簡単で美味しい

 

材料>>>>>

 

大根1本   魚の缶詰1個   顆粒カツオだし適当

 

※仕上げに細かく刻んだ大根葉を散らすとそれなりの見栄え、32円で三日三晩可能な一品だ!

 

たくわん大根-2

 

水道水よか井戸水は温かいと云っても所詮水は水、指先から染み込む寒さに小便が近くなりにけり

 

布手袋してゴム手袋してタワシで優しく擦る、泥洗いと仕上げ洗いに漬物樽2つ

 

日向で作業がしたく移動式、ちょっとでも陰ると風が吹くと真っ先に耳がちょちょ切れる

 

今一番辛いのんは耳輪である、冷えの一点集中で室内でも耳当てが外せない

 

入浴中耳を湯船に浸ししもやけ予防、既に右足薬指は出来かけているもの・・・、ここで食い止めねばっ

 

ストーブ点けようかな、こたつに電気を通そうかな、11月なのに弱気発言も出てしまうわな

 

各ストーブにどれだけ去年の残り灯油が入っているか点検しよう、知るだけで心温まる

 

たくわん大根-3

 

物干し竿には洗濯物・大根・唐辛子・ビニールシートと、引っかけたり吊るしたり置いたりと、倒れたら大惨事

 

最近とんと見ない野良犬が徘徊し、それがご近所さん宅の物置で子犬9匹出産の騒動があり、春日部保健所の方が檻を設置

 

畑をうろつくだけでなく、庭にも入ってきたらどうしようと心配し、情報仕入れにそこんちをうろつく

 

どうやら追い込んだり出来ず、自主的に檻に入らないと引き取ってはくれない様で、なかなか捕まえられない

 

しょうがないエサやらミルクやらの出費を余儀なくされ困ってると、そこへ山口県から飼い主登場

 

あらゆる手段を屈指し辿り着き、連絡とって一件落着・・・とはいかないだろうな、9匹どうすんだろ

 

狸でもない猫でもない足跡が見つかってから2週間弱、落ち着きをとりもどした面々が、煩かったね〜恐かったね〜とホッとする

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
そんなに、あれですか
category: ホッペタポロリン | author: イア

先週ガス屋から封書が、そこには「お宅のガス台、来年5月で20周年になり危険ですよ」と、注意喚起のお手紙

 

なるほどそんな年月になりますか、壊れてきてもおかしくなっても大事に使ってきたなぁ、しみじみそう思ったね

 

最近の調子は天ぷら油が設定温度になった事を、とてもとても小さな小さな「ピピピッ、ピピピッ」で知らせてくる

 

100m先で10円玉が落ちても分かる努力でもって耳を澄ませ、それでも聞き逃す事多々なこの頃

 

片時も離れられない状況でゴボウの天ぷら、芋フライ、大学芋、ネギのかき揚げなんぞを揚げまくり

 

更に不意に火が消えてしまった場合も最小の警告音でお知らせ、いつまでたってもヤカンがピィーーー鳴らないと思ったらそれ

 

買い替えまでもう少しなのだ、もう少しで手に入りそうな・・・・入らなそうな、そんなギフト券収集の日々

 

只今66,000円であり、これからポイント交換で得られるであろう1万円弱が、早春には何とかっっ

 

本心では無謀で無茶な25周年を目指したい、換気扇とセットで総取っ替えしたいのである

 

2013年度の梅干し

 

2013年に漬けた梅干しがどうやら食べ頃だ、塩っぱくって酸っぱい中粒はたった半量で、ご飯茶碗1杯分の消費に繋がる大問題

 

今どきの甘くて円やかにと手を加えた食べやすさなんぞかなぐり捨て、一嗅ぎすっとホッペタから痛みすら感じる絞りで唾液まみれ

 

止まらない涎を容器にうっかりなんて事にならぬ様、急遽氷砂糖を口に含みて騙し騙し小壺へ移し替える

 

ドライマウスの自宅療法にもってこいだな、強制的に出させ漏れさせ溢れさせる強烈な梅干し臭

 

思い出しただけでジワッと溜まる、良い出来に感謝しつつ用が済んだら即刻蓋を閉めよ

 

落ち着いたところで梅干しチャーハン、これがまた個人差はあるものの美味いのなんのって、超酸っぱいチャーハンだん

 

ご飯の甘味、卵の甘味、炒め油の甘み、玉ねぎの甘味を差し置く、食後よくよく考えたら美味しい一品

 

材料>>>>>

 

ご飯(冷や飯でも、炊き立てでも)好きなだけ   ほぐしたり叩いたりした梅干し1粒   卵1個   玉ねぎ適量

 

※火を止める直前に梅干しを加える事で、あの香りが飛ばない、勿論酸味も

 

コンロの真ん中-2

 

収穫したての生姜を興奮のあまり早速生姜味噌にしようと、誰もが心配する我が家のガスコンロで調理開始

 

したらば中心がピョ〜〜〜〜〜ンと出てきた↑、畏れていた経年劣化が具現化した瞬間だ!!

 

まるで見透かしたかの様なガス屋からのメッセージ、3日後の出来事である

 

慌てず焦らずその仕組みを理解し下のんを持ち上げバネをググッと押し込む、全ては無かったかの如く持ち直し調理再開

 

材料>>>>>

 

新生姜一掴み   味噌・酒・みりん・砂糖を適量

 

※生姜は粗みじんにし、ゴマを入れるのんもありだ、うんめぇぞ!!

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
忘れていたわけじゃなく、辿り着けなかったから
category: 松伏の百姓☆野菜作り | author: イア

今や遅しレモングラスの収穫を11月に入って今年初めてとは、去年の乾燥後冷凍したのんがまだ残っているからとは云え

 

鉢から出して地植えにした場所が悪かったと気付いてきたのが、ミニトマトの繁殖力が凄まじくなってきた7月下旬

 

8月中旬はもうトマトの葉の茂みに埋没、9月には分厚い壁となりレモングラスの生長確認出来ず

 

10月になるもこんもりと居座り、11月で実がまだなりつつもそろそろ引っこ抜こうとミニトマト

 

今年の自家製トマトケチャップは大玉中玉凶作となり、ほぼミニトマトで作った異色の味わいが特徴だ

 

ミニトマト味のケチャップが6袋分(ジップロック Mサイズ)出来上がり、おかず系と云うよりスイーツ系の風味

 

邪魔者扱いはしてこなかったが、のさばる迷惑でフレッシュなレモングラス入手にこの時期まで阻止された

 

如何なる手段も選ばず枯れるのんを待っていたかったけど、気配がない・・・そういった葉の変化やらが見受けられない

 

こんじゃ寒さに弱いレモングラスの方が危ないってんで、花はさすがにないけど青い実はなっているミニトマトを全て引っこ抜く

 

徐々に近付きつつある、天辺が見えてきたあのスッと伸びた葉っぱがきっとそうなんだろ

 

蚊は少なくなったものの耳朶を狙ってきやがる、一時の福耳をコリコリしながら食べられそうな実はエプロンに仕舞い込む

 

地植えレモングラス

 

暖かい日を見計らって生姜も収穫、葉が黄色くなったら十分育った合図である

 

小粒は洗って味噌でゴチ、中粒は冷凍保存の他に薄切りにして乾燥させ、粉砕してパウダー化したのんを様々な飲料に混ぜる

 

大粒は今回は見当たらなかった〜、残念ながらそう矢鱈目ったら出土するような、家庭菜園の腕を持ち合わせてはいない

 

おっ欠く作業が省略された農法と云えば慰めも慰めではなくなるだろう、これはこれでありなのだと

 

5kgちょいあんじゃないかな、歯触り良く爽やかな辛味はこの時期の生姜としちゃなかなかのもんだん

 

硬くて繊維質で激辛だと覚悟して齧った最初、サクサクッと軽やかで食べやすいのなんのって

 

おかずとして今週は毎食で用意しよう、口の中に辛さが蓄積されないスッと消えっから、5粒6粒なんて事ないぜっ

 

泥洗いだけが面倒、細かい作業が腰と肩にどんどんくる、そして爪に泥んこが入り込み小汚く

 

井戸水が温かく感じる様になり、水道水は歯に歯茎に鋭い冷感を与える温度、野菜洗いはほぼ井戸水でキレイにし仕上げに水道水

 

風呂場も寒くなったなぁ〜、取り敢えずどことなく洗って湯船に飛び込む、歯磨きしながら洗髪のタイミングを見極める

 

2mの伸びレモングラス

 

地植えにしてみたら>>>>>

 

・1本1本が太く長く生長し、株が鉢植えん時より1.7倍増える

 

・根元近くの葉束が太くなりキッチン鋏を両手で踏ん張ってギリギリ、これ以上太くなったら鎌か包丁を持ち出さないとな

 

・冬越しの為の掘り上げ作業が11月上旬に発生、根は細かく多いが張りが弱いので力はあんま要らない

 

これまで鉢植えにしてた>>>>>

 

・丈も太さもコンパクトに育ち、場所を選ばず置ける・動かせる

 

・冬越し作業は鉢を移動するだけで楽ちん

 

変わらないのんは香りだ、地植えだから強いとか鉢植えだから弱いなんて事は無くどっちも甘く瑞々しい

 

春日部のスーパービバホームに苗があると知り、枯らしちゃいけないと追い詰められた気持ちが無くなった2015年春

 

干しレモングラス

 

陰干しで1ヵ月くらいは仏間の縁側に陰干し、落花生と唐辛子は昼間は物干し竿に渡し天日干し、夕方忘れず必ず絶対取り込めっ

 

風通しをよくし時々触ってみて乾燥具合をチェック、太いのんは乾きにくいからバラしてからまとめると乾きが早い

 

乾いたら適当な長さに切って冷凍保存、冷蔵庫に入れといたら白カビ、戸棚に仕舞ったら虫が発生したかんなぁ・・・

 

抜けた生っ葉でお茶にしてみた、フレッシュ感が鼻に抜けるはレモンのような柑橘系の香り、舌に甘く広がり余韻が長い

 

乾燥した葉のコクも良いけれど、期間限定の僅かに青臭い生もこれまた滋味なり

 

 

 

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH

アクセスカウンター